FC2ブログ

水無月に入る

DSCF3510.jpg

DSCF3565.jpg

DSCF3464.jpg
六月を「水無月」という。普通に考えれば六月ほど雨が多い月はないと思っていたのに、なぜに六月を「水無月」と言い当てたのか、少し考えてしまう月に入りました。自然風景を撮る者としては、少々厳しい月かもしれません。そのような時期でも確実に刻を刻み、自然が衣換えをして行くのが観られます。今竹林が美しい。若竹が一枚一枚衣を剥いでいく、その竹の素肌は赤ちゃんの素肌のようだ。
スポンサーサイト